【産後の便秘】硬い便を柔らかくする5つの方法。強くいきむのはNG!?

Pocket

nano

便が硬い・・・。お腹はパンパンに張ってるのに、硬い便がフタをしてるみたいでぜんぜん出てこない。便を柔らかくして、便秘を解消する方法が知りたい!

こんな悩みを解消します!

この記事のポイント

便が固いことのデメリット
便が固くなる原因
固い便の解消法

便が硬いとなかなか排便できないし、できてもおしりが傷ついたりしてすごく痛いですよね。私も産後に便秘になってしまい、よくトイレの中で長時間、1人格闘していました!

便が硬いと便秘だけでなく、痔などの原因になってしまいます。「硬い便を柔らかくして便秘を治したい!」という人はぜひ見てください。

なぜ、産後に便が硬くなってしまうのか?

なぜ、産後に便が硬くなってしまうのか?

産後の便秘に悩んでいるお母さんは多いですが、その便秘の大きな原因の1つが「便が硬いこと」ですよね。便が硬いと腸の中をスムーズに動くことができず、うまく排便できなくなってしまいます。このように産後に便が硬くなってしまうことには、出産や産後の生活に関係するいくつかの原因があるのでご紹介していきます。

授乳による水分不足

日ごろの生活で摂る水分が足りていない人は多いですが、授乳をしているお母さんは特に水分不足になりやすいです。これは母乳をお母さんの体の水分から作っていることが原因です。

母乳は1日に約800mlほど作られるのですが、だからといって「授乳中だからいつもより800ml多めに水分を摂ろう!」と意識しているお母さんはあまりいませんよね?

このように体の水分が足りなくなってしまうと、作られる便も水分が少なくなってしまいます。便は全体の7~8割が水分でできているので、水分がすくないとカチコチの固い便になってしまうのです。

妊娠中の運動不足や出産で筋肉が弱っている

妊娠中は運動ができないので、産後はどうしても筋肉が弱った状態になってしまいます。また、出産が近づいてくると、赤ちゃんが通りぬけられるようにお母さんの骨盤は開いてきます。これが原因で産後は骨盤まわりの筋肉が弱ってしまっています。

腸が便を押し出す動きを「ぜん動運動」と言うのですが、筋肉が弱っているとこのぜん動運動の動きも弱くなり、排便がしにくくなってしまうのです。

腸内に悪玉菌が増えて、腸の動きが鈍っている

腸の中に悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなることも、便が硬くなったり、腸の動きが悪くなる原因になってしまいます。

腸内環境が悪い人の便は黒っぽいのが特徴です。これは食べ物十分に消化、吸収されないことによるものです。産後は赤ちゃんのお世話などで忙しく、お母さんが自分の食事まで気を使っているヒマがないので、簡単に食べれて消化に悪い食べ物をよく食べたり、早食いをして消化不良を起こしてしまう事がおおいんです!

ストレスや睡眠不足

産後のお母さんは毎晩夜泣きで起こされて睡眠不足になったり、ストレスが溜まってしまうことも多いですよね?ただ、睡眠不足やストレスも便が硬くなる原因になってしまいます。

腸は自律神経によってコントロールされているのですが、睡眠不足になったりストレスが多いと自律神経のはたらきが乱れてしまうのです。

ストレスは便秘と下痢を繰り返すような症状も引き起こしてしまうので、あまり溜めないようにときどき発散するのが重要ですね。

産後に便秘と下痢を繰り返すのはなんで?原因と5つの解消法

2019.04.04

便が硬いタイプの便秘の種類

便が硬いタイプの便秘の種類

産後の便秘と言ってもいくつかの種類があります。その中でも便が硬いタイプの便秘は「けいれん性便秘」か「直腸性便秘」の可能性が高いです。

けいれん性便秘は、ストレスや緊張によって腸の一部が狭くなる事で起こってしまいます。この便秘の人は便がウサギのようにコロコロと小さいという特徴があります。

直腸性便秘の人は、よく便意を我慢してしまう人に多いタイプの便秘です。便意を我慢すると、便意を感じるセンサーが弱まり、便秘になってしまうのです。

便が硬いと便秘以外にもたくさんのデメリットが、、、

便が硬いと便秘以外にもたくさんのデメリットが、、、

便が硬いことは便秘を引き起こしてしまいますが、硬い便のデメリットはそれだけではありません。

産後は痔になるお母さんも多い

産後の便秘が原因でになってしまうお母さんも多いです。その大きな原因となるのが「硬い便」です。

硬い便が排便されるときにおしりを傷つけて、それが繰り返されることによって出血したり、痔になってしまいます。なかなか便が出ない時に、強くいきんだり、無理やり押し出そうとすることも小さな傷を痔へと成長させかねないので注意が必要です。

産後の便秘による痔を解消する3つの方法!!市販薬はNG?手術は?

2018.12.28

固い便が腸壁も傷つける

硬い便が傷つけるのは肛門だけではありません。腸を通りぬけるときに腸の内側を傷つけてしまうこともあります。

強くいきむことで脳卒中になる危険性が高まる

便が硬いとなかなか排便できないことから、思いっきりいきんだことがある人も多いと思いますが、あまりに強くいきむと脳卒中のリスクが高まります。

脳卒中で倒れる人の約20%がトイレの中で倒れている。というデータもあるので、注意した方が良いですね。

産後の便秘と固い便の解消法

産後の便秘と固い便の解消法

便が硬くなるのは日々の習慣によるものだと分かっていただけたのではないでしょうか?硬い便によるデメリットを避けるためにも、柔らかくて健康な便をつくり続ける事が重要なので、硬い便の解消法をご紹介していきます!

水分不足を解消する

硬い便を解消するには水分がとっても大事です。特に授乳中のお母さんは水分不足にならないことをまず、気を付けましょう。

一般女性でも1日に2リットル、授乳中の場合は3リットル弱を目安に水分を摂ってください。また、一気にたくさん飲むのではなく、少しずつこまめに飲むようにしましょう。

飲み物の種類はカフェイン飲料や冷たい飲み物はあまり良くありません。暖かい白湯などがベストなのでよく飲むようにしてみてください。

産後の便秘に効くお茶がある?授乳中でも安心して飲めるオススメ2つ

2019.01.20

水溶性食物繊維を意識して摂る

「食物繊維は便秘に良い」とよく聞きますが、食物繊維にも種類があります。便が硬い人におすすめなのが腸内環境を良くし、便を柔らかくしてくれる「水溶性食物繊維」です。

水溶性食物繊維が豊富な食品

切り干し大根、ゴボウ、こんにゃく、おくら、モロヘイヤ、かぼちゃ、ニンジン、納豆、海藻

産後の便秘にピッタリな食べ物4選【授乳中にオススメ】

2019.03.18

腸内環境を整える善玉菌を増やす

腸の悪玉菌を減らすためには、善玉菌を増やしましょう!

ヨーグルトや納豆、お漬物などの発酵食品を摂ることで腸の中の善玉菌を増やすことができます。

また、善玉菌にしっかり働いてもらうために「オリゴ糖」などの善玉菌のエサとなるものも摂る必要があります。先ほどご紹介した水溶性食物繊維も善玉菌のエサとなるのでオススメです。

運動不足を解消する

軽い運動で運動不足を解消するだけでも腸の働きを良くする効果がありますよ!

運動するといってもなにも特別なことをする必要はありません。むしろ産後すぐはあまり体を動かさない方が良い事もあるので、窓ふきや床をぞうきんで拭くなどの家事ですこし体を動かしてみるのがオススメです。

産後しばらく経って体調が安定している人はヨガなどの運動をしてみるのも、ストレス発散にもなって良いですよ!

【便秘に効くヨガ】即効性の高いヨガのポーズ誰にでもできる!!

2019.01.08

オリーブオイルを使う

硬い便を柔らかくするには油も役立ちます。オリーブオイルなどの油は、腸の中でツルツルと滑る役割を果たします。また、オリーブオイルに含まれているオレイン酸には腸のぜん動運動をうながす働きがあります。

オリーブオイルを買うときは、エキストラバージンオイルを選びましょう。また、おすすめの摂り方は、毎朝スプーン1杯程度のオリーブオイルを摂ることです。油として料理に使えますし、味もあまりどんな料理の邪魔もしないので使いやすいですよ。

固い便をどうしても今出したい!

固い便をどうしても今出したい!

便を柔らかく、健康にしていくことは大事なことですが、「お腹が張ってるのに便が硬くて出ない、今すぐ出したい!」という人もいると思います。そんな人におすすめの緊急用の解消法もご紹介します。

ただ、これらの方法は一時的な解消法で、根本的に固い便を治すものではない。ということも頭に入れておいてください。

おしりを温める

今すぐに出したい場合には、肛門を温めて、刺激することが効果的です。

1つ目は、洗面器などの器の中に少し熱めのお湯を入れて、そこにおしりを付ける方法です。おしりを付けたら肛門の筋肉をほぐすように、肛門を開いたり閉じたりを繰り返します。
ある程度ほぐれてきたら、リラックスして便が出てくるのを待ってみましょう。(強くいきまないようにしましょう。)

2つ目がウォシュレットを使う方法です。シャワーでも良いですが、ウォシュレットで肛門を刺激すると排便しやすくなります。ただし、この方法を繰り返しているとウォシュレットなしでは排便できなくなることもあるので緊急のときだけに使ってください。また、温水を長時間当てすぎるのも肛門の周りの皮膚によくないので避けましょう。

便秘薬は最終手段

便秘薬も硬い便の原因を無くすことはできないので、一時的な解決のためだけに使い、頻繁に使わないようにしましょう。また、授乳中の場合、便秘薬の成分が母乳に入って赤ちゃんに栄養を及ぼすことがあるので、便秘薬はできるだけ病院で出してもらったものだけを使いましょう。

どうしても病院に行くヒマがなく、市販薬を使いたい人は必ず薬剤師さんに授乳中だと伝え、「便を柔らかくするタイプ」の便秘薬を選んでもらいましょう。また、浣腸(かんちょう)も授乳中でも使える物が多く、効果が高いのでおすすめです。

産後の便秘にはかんちょうが効果的!?【授乳中でも安心して使える!!】

2018.12.25

産後の便秘や硬い便は日々の生活のなかで改善していきましょう

産後の硬い便は妊娠や出産、産後の生活などが原因でできてしまうので、お母さんにとってはある程度避けられないものです。でも、出産が終わってしまえば、日々の習慣をすこしずつ改善していくことで必ず改善することができます。

今回ご紹介した解消法も難しい事はなく、どれも今日から始められることばかりなので、ぜひ習慣にしてみてください。また、1度良くなってもこのような症状は繰り返しやすいので、治ってもしばらくこれらの良い習慣を続けてみてください。

私も硬い便を克服し、便秘を改善することができましたが、今でも食生活や水分の摂り方などに気を付ける事が週間になっているので、便秘にもならず快適な生活を送れています。あなたもぜひ、今回ご紹介した解消法を1度試してみてください。

この記事が産後のお母さんたちの小さな救いになる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 13 =